免責補償制度について

免責補償制度とは?

免責補償とは、レンタカー乗車時に万が一事故が発生した場合、対物・車両の補償金額のうち、お客様に負担していただく金額を免除する制度。加入が義務付けられているわけではありませんが、多くのレンタカー会社では加入を推奨。レンタカー利用者の約8割もの人が、加入すると言われています。 ただし、違反事故を起こした場合、また警察の事故証明が取得できない時などは、お客様自身の負担となります。

アクアレンタリースの免責補償について

対人補償 対物補償 車両補償 人身傷害補償
■他人を死亡させたとき

1名につき無制限

■他の車や物に損害を与えた時

1事故につき無制限車両補償免責額5万円

■レンタカーに損害を与えた時

1事故につき時価車両補償免責額5万円
※マイクロバス、特殊車両は10万円

■ご搭乗者が死亡または負傷した時

死亡:1人3,000万円、1事故3,000万円×定員

負傷:部位、症状に応じて一時金をお支払い

免責補償が適用されない条件について

  • 上記補償を上回る損害
  • 警察への事故の届出がない場合
  • 保険約款の免責事項に該当する場合
    1. (1) 故意の事故
    2. (2) パンクやタイヤの損傷
    3. (3) ホイールキャップの紛失
    4. (4) 社内装備の汚損
    5. (5) 装備品の損失
  • 貸渡約款に違反する事由が明らかになった場合
    1. (1) 飲酒運転
    2. (2) 無謀運転
    3. (3) 薬物使用
    4. (4) 無断延長
    5. (5) 乗り逃げの際の事故
    6. (6) 当社の承認を受けていない運転者
    7. (7) 又貸し など
  • 管理上の落ち度があった場合
    1. (1) 車内装備品への損害
    2. (2) 無施錠の盗難
    3. (3) 駐車禁止場所でのあて逃げ
    4. (4) その他迷惑行為 など

ノンオペレーションチャージについて(N.O.C)について

レンタカー使用中の事故により車両損害が発生した場合には、損傷の程度や修理期間にかかわらず、営業補償の一部として下記のノンオペレーションチャージを申し受けます。

  • ●予定の営業店にレンタカーを返還した場合(自走可能な場合)→ 20,000円
  • ●予定の営業店にレンタカーを返還できなかった場合(自走不可能な場合)→ 50,000円
  • ※ノンオペレーションチャージは、免責補償制度にご加入の場合でもご負担いただきます。
  • ※車両移動に伴うレッカー代はお客様のご負担となります

UP